製品・サービスについて

戻る

災害対策サービスについて

昨今注目を集める災害対策も万全を期す形でサポートします。

業務遂行に必要なデータを東日本と西日本の2か所のデータセンタに保管するサービスの他、
DRサービスもご提供できます。
UBSでは、2種類の災害対策サービスの提供しています。

image

健康保険組合様に求められるデータ保管の要件

堅牢で安全性の高い設備での保管
保管設備には東日本大震災、阪神淡路大震災レベルでの耐震対策や、一定期間の停電への対応、外部からの侵入に強いセキュリティを確保していることが求められています。
データの地域分散
大規模、広域にわたる被災に対処すべく、地域的にデータを分散しておくことも、リスク軽減に有効です。
業務の速やかな復旧
震災が発生し事務所が被災した場合でも、可能な限り速やかな業務の復旧が求められます。 業務遂行に必要な設備が整ったら、保管データを即時に入手できることが求められます。

データのオンラインバックアップ

一般的なオンラインストレージサービス(※)とは異なり、複数のデータセンタを利用した、
堅牢性、安全性を含めて高いレベルで要件を満たしたサービスです。
UBSが協業するデータセンタ内のサーバを共同で使用することで、コスト的に個々にデータセンタを利用する場合に比べて
安い価格での提供が可能です。

※オンラインストレージサービス:インターネット上でファイル保管用のディスクスペースにデータを保存することができるサービス。

DRサービス

災害発生時にDR(※)サイトを立ち上げて、速やかに最小限の業務を遂行できる機能を実現するサービスです。
お客様の運用環境に応じたいくつかのプランを計画しています。
①お客様の現在のサーバからDRサービスを提供できるプラン
②お客様のサーバシステムをデータセンタ内の環境に移してDRサービスを提供できるプラン

※DR(disaster recovery):自然災害や人為災害で被害を受けたコンピューターシステムを、速やかに復旧すること。また、その技術・機器・体制。

pagetop